私は、競馬が趣味で馬券も購入しています。

馬券を購入する際の買い方ですが必ず軸として固定出来る馬を一頭選んでいます。

軸馬を一頭決めて三連複のフォーメンで相手を数頭にして流す買い方をしています。

レース毎に買い方が変わってしまうと予想にもバラツキが出てしまうため可能な限り三連複のフォーメーションを軸にした馬券の買い方を心掛けています。

次に馬券を購入する際の馬の選び方ですが、まずはデータを収集します。

購入するレースの例年の傾向をチェックしてどのようか馬が好成績を挙げているか確認します。

特に血統的に得意なコース、馬場といった事も関係するため血統面や前走からのローテーションを含めて好成績を挙げている条件に当てはまる馬を選んでいます。

次にレースまでの調整過程についてもチェックしています。

中間、最終追い切りで好タイムが出ているかを新聞やインターネットにてチェックしています。

調教タイムを見てレースへの調整と馬の好不調を確認するようにしています。

調教タイムが良いからと言ってもオーバーワークになっている可能性もあるため判断が非常に難しいところですが追い切りのタイムは一つの目安として判断材料にしています。

次に当日のレース直前に行われるパドックも重要視しています。

パドックでは馬の状態を直接確認する事が出来ます。

レース直前の状態を確認出来るため輸送で身体が減っていないかやテンションが上がり過ぎていないか等をチェックしています。

テンションが上がったり発汗が激しい場合は、体力を消耗してしまいレースで力を発揮する事が出来ません。

また、逆に大人しい場合は元気が無いためレースで走る気を失っている場合もあります。

パドックは、レース直前の馬の状態を最終チェック出来る重要な判断材料となります。

あらかじめ事前のデータで予想を組み立てておいて最終的な判断はパドックをチェックしてから決めています。

馬によっては、当日体調が変化したり気分が変化する馬もいます。

発走前の状態をしっかりと確認する事が的中への近道と思っています。

レース情報や馬の情報については、インターネットや競馬の専門誌、新聞を使って集めています。

出来るだけ正確な情報を集めて馬券購入に繋げています。

以上が私が実践している競馬の馬券の購入方法となっています。

競馬は生き物が競争するため確実に当たる事はありませんが、馬券の的中率が少しでも上がるように自分なりに解析しています。