馬券は絶対に当たる買い方は存在しません。

しかし、馬券の的中率を上げるには様々な方法があります。

馬券の的中率を少しでも上昇させられるように自分なりの馬券の買い方を実践しています。

そんな私の馬券を買う時の方法ですが、事前のデータ収集を入念に行なっています。

データ収集の方法ですが、まずはインターネットにて馬の情報をチェックします。

競馬専門のサイトでレースの週の調教タイムをチェックします。

また、臨戦過程でそのレースに相性の良い前哨戦を使ってきているかを確認します。

調教のタイムで馬の状態が好調をキープ出来ているか判断する事が出来ます。

レースまでの調整過程をチェックする事はとても大事だと感じています。

次にレースの傾向についても下調べを行なっています。

レースに相性の良い血統や前哨戦などあらゆるデータをチェックしています。

データを集めたからといって当たるとは限りませんが的中率を上げるために必ずデータ収集を実践しています。

次にレース当日のパドックの確認も欠かさずに行なっています。

調教などが良くても輸送などの関係で体調を崩してしまう馬もいます。

輸送で体重が減ってしまいレースで力を発揮出来ないケースや輸送自体が苦手な馬もいます。

そのため必ず当日のパドックで馬の状態をチェックするようにしています。

パドックの周回で元気が無かったり、汗が異常に出てテンションが上がっているとレースで力を発揮出来ません。

パドックでレース直前の状態をしっかり確認した上で馬券を購入するようにしています。

パドックやデータをしっかりチェックして馬券を購入していますが、私の場合は三連複のフォーメーションを中心に購入しています。

一頭自信のある馬を軸において数頭の相手に絞って購入する事にしています。

馬券には様々な種類がありますが、レース毎でいろんな種類の馬券を買っていると予想の仕方も変わってきてしまいます。

自分の買い方を固定するためにも三連複フォーメーションを軸にして馬券の予想を組み立てています。

以上が私が実際に競馬の馬券を買う際に行なっている内容になります。

的中率が確実に上がっている訳ではありませんが、調子の良い時は的中率も上昇しています。

レースは生き物と言われているため馬の状態や馬場コンディションなど様々な要因で変化していきます。

それも競馬の楽しさであるためデータの下調べやパドックといった情報をしっかり集めて馬券を購入しています。