競馬場で競馬をやる時には、帰りの電車などの運賃を別にして楽しむことが大事です。

それを計算に入れてなく、すべてつぎ込んでしまって、後から気づいても後の祭りなので、心得ておくことが大事です。

競馬をやる方は、買い方もわかってるかと思いますが、データに惑わされてはいけないということです。

もちろんデータを参考にするのも大切ですが、一番重要なのは、その日の成績です。

大体は、何レース続けて馬に乗ることが多いです。

ですので、1レースから馬券を購入するのもいいですが、それと同時にメインレースに乗る騎手をチェックしておくことです。

調子がいいと各レースとも1位になることが多いですが、調子が悪いとオッズが一番人気と言っても一位になる確率も低くなります。

レース展開は、ジョッキーによって、順位が変わってくるので、ジョッキーが調子が悪いと馬もそれを感づいて馬が持ってる力を、最大限に引き出すことも出来なくなることがあります。

馬は、どんなにいつも通りに乗っていても、ちょっとしたことで感じてしまうので、オッズ通りに買うのは危険だと思います。

競馬の醍醐味は、3コーナーから4コーナーを過ぎた当たりからが勝負となってます。

そこまでスタミナを残してある馬はラストスパートをかけられる状態になります。

その時にムチえを入れすぎたり、体調がすぐれないと、馬もいうことを聞いてくれないことがありますので、1レースからメインレース前の成績が重要になってくるということです。

馬友達がいらっしゃれば、その方と情報交換をして、馬券の購入の参考にするといいです。

ジョッキーが調子が良ければ、そのジョッキーの乗る馬を購入してみても面白いかと思います。

大体勝ちそうな馬に乗るジョッキーは、名ジョッキーが乗ることが多くなりますので、信頼性の部分があります。

また、1レースから馬券を購入してみて、今日の自分の調子も確認しておくことが大切です。

競馬好きな方は、日によってバイオリズムによって、いい時もあれば、予想が外れる日もありますので、かける金額を調節することが大切です。

オッズが割れている時には、このレースは、荒れるレースだと思っていいです。

ですので、予想屋も予想しにくい状況になってますので、一点だけに絞るかにして、大掛けはしないことです。

雨の日など芝やダートが不良になることから、大穴を狙ってみるのもいいかと思います。

大穴であえば、100円だけ購入をしても、数百倍になることがありますので、遊びで購入しておくのもいいかと思います。